コメントする

地域伝統による豊かなまちづくり大会ながはま

地域伝統芸能全国大会「地域伝統による豊かなまちづくり大会ながはま」を10月29日・30日に滋賀県長浜市で開催しました。

平成28年度の「高円宮殿下記念地域伝統芸能賞」等を受賞した団体の公演をはじめ、ユネスコ無形文化遺産登録候補の長浜曳山祭や、国内外の多彩な祭りや踊りが、滋賀県長浜市に集結しました。

大会2日間で、全国の祭りを長浜市で一堂にご覧頂くことができたと思います。

 

 

 

 

【新着お知らせ】

2016.11.01 NHK BSプレミアで放送予定(11/21)
2016.10.30 「日牟礼の左義長行事の練りを中止します (日本の祭りinながはま2016まちなか会場)」
2016.10.25 北国街道きのもと宿会場パンフレット
2016.10.21 駐車場案内・関連イベント情報チラシ
2016.09.10 観覧のお申込みは終了しました。
2016.04.21 舞台制作・運営業務企画競争の実施について
2016.04.21 広告宣伝等業務企画競争の実施について

 

 

 

 

 

 

【長浜市についての紹介】

長浜市という名称ですが、元々は「今浜」と呼ばれていたようですね。天正3年(1575年)頃に豊臣(羽柴)秀吉が織田信長の「長」をとって「長浜」と改称したという逸話が残されているようです。

そのようなことからも、長浜市は羽柴秀吉の所縁の地としても有名ですね。

長浜市の中心市街は、羽柴秀吉が長浜城の城下町として整備して以来、湖北地方の中心地として今までずっと栄えてきたという歴史があります。

冬場は大雪がふる日もあり、とても寒い地域でもあるんですけどね。豪雪地帯にも指定されているようです。特に旧余呉町までいくとかなり雪が深くなります。

ヤンマーやキャノンなどの大きな工場があり、その工場労働者として3000人以上にも上るブラジル人労働者が生活していて、独自のコミュニティを築いているようです。

また、長浜市は滋賀県内最大の観光都市とも言われています。旧長浜市域は年間300万人以上にも上る観光客が今でも訪れているようです。

竹生島や長浜城などの戦国時代史跡も人気なんですが、旧市街の黒壁スクエアなども歴史の趣きがあって人気を集めています。

食べ物の名産も色々あるようですが、鮒寿司などが一番有名かもしれませんね。

その他マイナーではあるんですが、茶しんの「イタリアン焼きそば」が地元ではかなり人気があるようです。

 

 

長浜と言えば、というか滋賀と言えば、やっぱり多くの人が思い浮かべるのはやっぱり「琵琶湖」ですよね。日本で一番有名で一番大きな湖「琵琶湖」。

琵琶湖について、簡単に歴史などを振り返ってみたいと思います。

琵琶湖は古代湖であって、魚類や底生動物など50種以上の固有種を含む、生物相に非常に富んだ豊かな湖なんですよね。

明治から昭和の最初の頃までは、琵琶湖の周囲には大小40個程度の内湖が広がっていたようなんですね。そこで多くの生物を育んでいたようなんです。そのような豊饒なバランスが、1943年あたりから崩れてきてしまったようなんです。それは、琵琶湖の洪水を防御する為に河水統制事業が始まったようなんです。その事業が終了した1952年までには、平均水位が数10cmも低下してしまったことが、あらゆる面に影響を与えてしまったようですね。その前後に、内湖の大半が干拓されたことも相まって、琵琶湖の自然は大きく変化していったようです。それまで長年かけて培われてきた固有の生態系が大きく損なわれてしまったようですね。そのような現状に危機感を抱いた人達が、一部の内湖を復元することを計画しているようです。それによって従来の生態系の回復や、水質の浄化が期待されているようですね。

ただ、とはいえ、琵琶湖の生態系は今でも本当に多様ではあるわけです。1000種類を超えるとも言われる動物や植物が生息しているのですから。昔からの長い長い期間に渡って自立したために、琵琶湖にのみ生息する固有種も数多くいるとも言われています。その一方で、オオクチバス(ブラックバス)やブルーギルなど外来種の侵入が今では大きな問題になっているのですね。

そういった問題への対抗策も実施されていて、外来種駆除や生態系に配慮した水位操作、内湖の再生など様々な取り組みが数年に渡って平行的に行われているようなんですが、まだ目に見えるような十分な成果はあげられていないようです。

コメントする

東湖八坂神社例大祭

引き続き、日本全国の有名な歴史ある祭りを紹介していきます。

今回は、秋田県の「東湖八坂神社例大祭」です。

東湖八坂神社例大祭もかなりユニークなお祭りで、一番変わっている点は、年中続くということですね。

1年にわたって、様々な行事が繰り広げられます。そして7月7日に毎年クライマックスの神事が披露されて終了となります。

有名な神話である、「スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治」の伝説を再現するというシーンがクライマックスになります。

スサノオノミコトが御神牛に乗って練り歩く「牛乗り」と、船上でヤマタノオロチが演じる「くも舞」というのがそれに当たるわけです。

ストーリー性豊かな、見ている側も心引きこまれるような、そんなお祭りと言えるでしょうね。

この東湖八坂神社例大祭もかなり古くから行われています。

スサノオノミコトを御祭神として「東湖八坂神社」が創建されたのは、延暦(えんりゃく)20年(801)にまで遡ると伝えられているようです。

東湖八坂神社が創建された当時から、このお祭りは潟上市天王地区と男鹿市船越地区に廃れることなく脈々と伝承されてきたようです。

農民と漁民の「豊作」と「大漁」を祈願して行わるようになったお祭りなわけですね。

このように太古の昔から続くお祭りなので住民たちも大切に伝承していっているようですが、やはり今の時代、毎月なんらかの行事があるというお祭りを継続していくということの難しさもあるようです。

ここまで行事が多いお祭りというのは他ではあまり見られないものですよね。若い人が減っている中、行事を引き継ぐ後継者の育成に苦労しているようです。

7月が東湖八坂神社例大祭のクライマックスなわけですが、3月には、「御味噌煮式」と「御味噌埋式」という行事でお祭りがスタートします。

御味噌煮式というのは、神前に供物として捧げたり、祭典の料理に使われたりする味噌を作る行事です。

御味噌埋式というのは、その作った味噌を熟成させるために味噌桶を神社境内に埋めるという行事です。

そして6月、その埋めた味噌を掘り出す「味噌揚げ式」という行事が行われます。

そのような行事が続き、7月6日と7日の例大祭が、約1年間に及ぶ様々な行事を締めくくる最大の祭典となります。

特に最終日の催し物は大変人気があり盛り上がるようです。

このように長く地元に密着したお祭りにはその地域性が深く刻印されているものでもあり、是非とも生でじっくり見てみたいお祭りの一つでもあります。

 

 

 

 

【PR欄】

優良な出会い系サイトの選び方などの情報です。
優良な出会い系サイトはどこでしょうか?
出会い系サイトは最初の選び方で、出会えるかどうかの9割は決まってしまうとも言われています。
出会い系サイトの選び方の基本的な考え方などが本当によくわかりますよ。

 

 

 

コメントする

北海道神宮例祭

これから、日本全国の有名な歴史ある祭りを紹介していきたいと思います。

まず最初は、「北海道神宮例祭」です。

北海道神宮例祭は毎年6月に開催される大規模なお祭りで、「札幌まつり」と呼ばれることも多いですね。

北海道神宮例祭が始まった由来というのは、140年ほど前の開拓時代に神様を街に迎えたいという市民の声がもとで始めったと言われているようです。

北海道神宮例祭の一番の見所は、神職と市民が街の中心部を練り歩く「四基の神輿渡御」と「九基の山車行列」です。

その「四基の神輿渡御」と「九基の山車行列」と一緒に、色とりどりの装束に身を包んだ神職と市民の約1400人が、市内を約14キロにも渡って厳かに練り歩くのです。

北海道の歴史だけではなく、京都・平安神宮の時代祭から移入された維新勤王隊なども取り入れられていて、全国各地の文化が融合された祭礼というのも魅力の一つです。

九基の山車には、札幌の楚を築いたとも言われている佐賀藩士・島義勇などの山車人形が備えられるというのも一つの特徴です。

では、ここからは更に北海道神宮例祭の詳細を見ていきたいと思います。

名物の一つである神輿渡御が始まったのはいつからなのか、ということなのですが、神輿渡御はどうやら明治11年から始まったようです。

明治11年頃、多くの人が暮らしている市街地から、北海道神宮までは4キロ程度も離れていたようなんです。特に冬に積雪があった時などは参拝するのがかなり困難であったようなんです。
そのような問題を解決するために、北海道神宮を拝むために、市民の台所といわれていた二条市場の近くに遥拝所が設けられたんですね。その完成を記念して、その年の例祭に神輿の御神幸が行われたのが神輿渡御の始まりだということのようです。それからは、何度か中断したこともあったようなんですが、基本的には毎年催行されているようです。

そしてもう一つの名物「山車」はいつから登場したのか、ということなんですが、ちょうど神輿渡御が始まった時と同じ時期のようです。

神輿渡御が始まったときに、繁華街のすすきのの芸妓さんや常磐津連中の皆さんが車2台で繰り出し、歌や踊りを披露したようなんです。それが山車の始まりという言い伝えがあるようですね。

その後、祭典区から出される山車の数が増えていったようですね。平成26年に琴似祭典区の山車が加わって、現在の九基の山車になったようです。

北海道神宮例祭は3日間行われますが、多くの人達が最も楽しみにしているのが、3日目に行われる神輿渡御のようですね。

神様の乗り物であると言われている「御鳳輦」に乗った御祭神が市中に繰り出し、町の発展をご覧になるというのが神輿渡御の趣旨なわけです。
市民にとっては神様が自分たちの暮らす地区にお越しになって、おそばに寄ってお参りできるという年に一度の貴重な機会という捉え方をしているわけですね。その伝統が今でもしっかりと受け継がれているということです。

コメントする

開催概要

日程

平成28年10月29日(土)・30日(日)
■メイン会場
「さざなみ会場」 長浜文化芸術会館(地域伝統芸能全国大会開催事業)
「まちなか会場」 長浜中心市街地
■サテライト会場
「北国街道きのもと宿会場」 長浜市木之本町木之本
「浅井三姉妹会場」 長浜市大依町

出演団体

全国・滋賀県・長浜市の芸能団体 約30団体

主催

・「日本の祭りinながはま2016」協議会
・一般財団法人地域伝統芸能活用センター
・長浜市

 

 

 

「さざなみ会場」が設置される「長浜文化芸術会館」についてここで少し触れておきたいと思います。
長浜文化芸術会館の開館は、1975年の11月にまで遡ります。かなり歴史のある芸術会館であるわけです。

歴史的に見ても、地理的に見ても、滋賀県には優れた価値のある文化遺産があります。その文化遺産を継承し、ただそのまま継承するというだけではなく、新しい時代に即した形で滋賀県民の創造的な文化芸術の発展と振興をはかるためという目的を持って滋賀県文化幹線計画というものが立案されました。

その計画に基づく第1号館として長浜文化芸術会館が作られたわけです。第1号館なのでそれに相応しい場所として、豊臣秀吉公ゆかりの長浜城跡の湖岸に設立されたわけです。

長浜文化芸術会館のホールは、音響や照明もかなり充実しているとの評判です。よって、音楽や舞踊、または演劇などのの催し、様々な発表会や集会などにも最適な場所として、滋賀県民に愛され続けているといえるでしょう。また展示室では展覧会等が随時計画され開催されているので多くの人が集う場所になっているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【PR欄】

出会いの方法について。
出会うにはこんな方法もあるわけなんですね
魅力的な熟女さんとの出会いが人生を変えるというような、そんなことは素敵なことのように思えます♪

 

 

コメントする

ごあいさつ

開催にあたって

わが国には豊かな自然や多様な風土に育まれた伝統芸能や祭礼があり、それらが地域に誇りと愛着をもたらし、まちづくりや地域振興の核となり、観光や経済振興にも結びついています。長浜市もたくさんの伝統芸能や祭礼が、地域の人々によって大切に守られ、今に伝えられています。中でも長浜曳山祭は国の重要無形民俗文化財に指定され、この11月にはユネスコ無形文化遺産に登録される見込みです。
この営みを持続するためには、伝統芸能の伝承・保存活動に日々取り組まれている団体・個人を顕彰し、担い手の育成と発表の場の創出を行なっていくことが大切です。
そこで、全国各地や海外の伝統芸能を一堂に会した「日本の祭りinながはま2016」(地域伝統芸能全国大会「地域伝統芸能による豊かなまちづくり大会ながはま」)を10月29日・30日の両日にわたり開催いたします。この催しは、伝統芸能や祭礼の保存・伝承を行なう一方、地域に対する住民の誇りや愛着を高め、定住人口や交流人口の増加をはかるとともに、多彩な形態をもった伝統芸能の姿を紹介し、その魅力を広く国内外へ発信することを目的としています。
この秋には、ぜひ歴史文化の薫るまち・長浜にお越しください。